美少年

この蔵元の商品を全部表示する

ポイントシステムご利用案内

飲食店様へ 全国の日本酒をお客様に

飲食店様もお気軽にお問い合わせ下さい。

キーワードから探す
Keyword

酒(日本酒 地酒)通販のCRAVITONで今すぐ買えるお酒を選ぶ

酒(日本酒 地酒)の種別から探す
Search Sake by Category
大吟醸酒
吟醸酒
純米大吟醸酒
純米吟醸酒
特別純米酒
純米酒
特別本醸造酒
本醸造酒
普通酒
リキュール
ビール
焼酎
発泡酒
どぶろく
スピリッツ
その他の醸造酒
ノンアルコール飲料
酒粕
酒蔵の食品
飲み比べ・ギフトセット
ワイン(果実酒・甘味果実酒)
酒蔵オリジナル商品
酒(日本酒 地酒)の蔵元から探す
Search Sake by Breweries
中善酒造店
中央葡萄酒
大根島研究所
エコファームみかた
盛田
老田酒造店
黒澤酒造
善哉酒造
東飯田酒造店
勲碧酒造
岡田屋本店
深野酒造
宮崎酒造店
宏和商工 日立酒造工場
蒲酒造場
若葉
丸世酒造店
カネタ玉田酒造店
西山酒造場
喜久水酒造
蔵元一覧を見る
酒(日本酒 地酒)の銘柄から探す
Search Sake by Brand Name
原田 西都の雫 夏生セット
純米吟醸 原田 西都の雫 生酒 無濾過生
純米吟醸 原田 西都の雫 生酒 涼涼夏生
武蔵の里 戦国のアルカディア
宙孤(ちゅうこ) 純米原酒
武蔵の里 純米大吟醸
武蔵の里 白ラベル
山鶴 めちゃ辛 其ノ弌
苗加屋 特別純米 琳青 夏の純米酒
三芳菊 セカンドサマーオブラブ 無濾過生原酒 H29BY
香の泉 蚊遣豚(かやりぶた)
香の泉 男の背中
8泡美人 桜スパークリング
会州一 吟醸酒 夢の香
蓬莱 手造り純米ひだほまれ
蓬莱 家宝伝承酒 赤磐セブン
蓬莱 蔵元の隠し焼酎
蓬莱 ガリガリ氷原酒
蓬莱 蔵元の隠し酒・夏の番外品
清泉川 金の蔵 大吟醸
銘柄一覧を見る
酒(日本酒 地酒)蔵元の所在地から探す
Search Sake by Production Areas
北海道
東北
関東
北陸
中部
関西
中国
四国
九州
沖縄
酒(日本酒 地酒)度から探す
Search Sake by Taste
大辛口(+6.0~)
辛口(+3.5~5.9)
やや辛口(+1.5~3.4)
普通(-1.4~+1.4)
やや甘口(-1.5~3.4)
甘口(-3.5~5.9)
大甘口(-6.0~)
酒(日本酒 地酒)の価格帯から探す
Search Sake by Prices
~ \3,000
\3,001 ~ \6,000
\6,001 ~ \9,000
\9,001 ~ \12,000
\12,001 ~ \15,000
\15,001 ~

蔵人レポート Report

2017.12.28

江戸時代から受け継がれる技術

美少年の起源
宝暦2年(1752年)当主下田幸三郎が、六代目藩主細川重賢より酒造株を拝受し肥後隈庄の地(現在の熊本市南区城南町)で酒造りを始めたことが「美少年」の起源です。
その後、大正9年(1920年)より銘柄を「美少年」として発売し現在に至っています。美少年は、2020年には生誕100年を迎えます。

『美少年』の由来
中国の唐の詩人である「氏甫」の「飲中八仙歌」に登場する酒豪の一人「崔宗之(さいそうし)」にちなんで名づけました。

飲中八仙歌
宗之瀟灑美少年
擧觴白眼望晴天
皎如玉樹臨風前

※崔宗之は、すっきりとした美少年。彼が杯をあげ、世俗を白眼視して、青空の彼方を眺めやる風景は、光り輝くように色白く、さながら玉樹が風にゆられているようである。

酒造りの流れ
古来より、酒造りの基本は一麹・二酛・三造りを念頭に蔵人達が魂を込めて造り上げています。
麹は日本酒の味そのものを造りだし、酛は日本酒の骨格(口当たりや、喉越しなど)を形成し、造りは香りや、アルコールを生成します。私達はこの日本酒造りの基本を忠実に守り、手作りを基本に日本酒を造っています。

洗米
お米の表面に付いている米ぬかを洗い流し、お米の中心部に水を吸い込ませる事でもちもちした感触の蒸し米に仕上げる事ができます。

蒸し
(外硬内軟)の表面は硬くゴムのような弾力性のある蒸しましに仕上げ、美味しい麹米、もろみに仕上げる事ができます。

種きり
蒸し米を麹室に入れて、90℃から98℃ある蒸し米の熱をゆっくり時間をかけて落としていきます。 32度の蒸し米温度まで下がったそのとき、種麹を蒸し米に付着させます。 ここで初めて蒸し米から麹米へ成長していく育成の始まりです。

麹造り
麹は日本酒の酒質(味)を決める大切な工程です。 日本酒造りの中で最も重要な作業で品温、麹米の乾き方、麹菌の発育など商品によって全て変化させています。 大吟醸のすっきりした味わいや、純米酒の米の旨みを引き出す造りは、この麹造りから始まります。 一つ一つ丁寧に作り上げ上げられた麹だからこそ美少年のお酒は美味しいのです。

醪管理
酵母が醗酵してアルコールを生成する工程、お米の原型が少しずつ溶けて液状に変わり、バナナやりんごに似た香りを出します。 日に日に変わる醪の状態を見て温度を下げたり、上げたりし温度管理をしています。

蔵見学のご案内
あなたの想いを込めて世界に一つのお酒を作りませんか。美少年の蔵見学は、時季によって内容が変わり、蔵見学、試飲、オリジナルラベル製作と、酒蔵ならではの経験が楽しめます。

蔵見学
5月から10月は製造期間ではありませんが、蔵見学と社氏による説明を聞くことができます。11月から4月には製造期間ですので、蔵での製造工程をしっかりと見学することができます。

試飲
できあがったお酒を一年を通して試飲することができます。

ラベル製作
ラベル製作体験を行います。自分だけのオリジナルラベルを作りましょう。できあがったものは、一般小売価格と同額にて購入が可能です。

売り場
全商品購入することができます。蔵購入特典もご用意しておりますので、蔵見学に来られた際はこちらで購入してみてはいかがでしょうか。


会員入会時に300ポイントプレゼント!(1酒蔵から1回の購入金額が2,000円以上でご利用いただけます。)
また、1酒蔵から1回の購入金額が、3,000円で30ポイント、5,000円で100ポイント、7,000円で300ポイント 等、大きなポイントを獲得できます! 【→詳細】

美少年の商品

特別純米 杢左衛門(もくざえもん)

特別純米 杢左衛門(もくざえもん)
3,860円(税込)

〈新発売!〉美少年から3年振りの新商品が発売しました

剣門・黒阿蘇セット 枡1個付き

剣門・黒阿蘇セット 枡1個付き
3,000円(税込)

人気の純米吟醸酒「劍門」と黒阿蘇(芋焼酎)のセット

零・黒阿蘇セット 枡1個付き

零・黒阿蘇セット 枡1個付き
3,300円(税込)

清酒と芋焼酎のギフトセットです

焼酎セット

焼酎セット
3,000円(税込)

本格芋焼酎、本格麦焼酎2本のセット

呑み比べセット

呑み比べセット
1,900円(税込)

人気の3種類がセットに!

美少年×LaToセット

美少年×LaToセット
2,500円(税込)

生姜シロップで新しい飲み方

菊池セット

菊池セット
5,400円(税込)

菊池渓谷の水よりできた「菊池」

幻夜・零セット 枡付き

幻夜・零セット 枡付き
6,400円(税込)

美少年で人気のある松本零士先生とのコラボ商品のセット

剣門・清夜セット

剣門・清夜セット
2,500円(税込)

食中酒として人気の2本がセットになりました

賢者・剣門セット

賢者・剣門セット
5,300円(税込)

美少年自慢の大吟醸と純米吟醸の2本セット

美少年 大吟醸セット

美少年 大吟醸セット
8,000円(税込)

美少年自慢の大吟醸酒2本セット

幻夜・零セット グラス2個付き

幻夜・零セット グラス2個付き
12,400円(税込)

松本零士先生デザインによるオリジナルパッケージ

剣門・清夜セット グラス2個付き

剣門・清夜セット グラス2個付き
5,400円(税込)

美少年枡と清酒グラス各2個が付いた豪華な美少年のセット

本格麦焼酎 黒櫓(くろやぐら)

本格麦焼酎 黒櫓(くろやぐら)
1,469円(税込)

独特の力強さとしっかりした香ばしい香り

本格芋焼酎 黒阿蘇(くろあそ)

本格芋焼酎 黒阿蘇(くろあそ)
1,469円(税込)

黒麹から由来する酸味が食欲を倍増させます

千洸(ちひろ) 大吟醸

千洸(ちひろ) 大吟醸
10,000円(税込)

7年という年月をかけ、じっくり熟成させた古酒です

菊池 純米吟醸

菊池 純米吟醸
1,350円(税込)

低温発酵で丁寧に醸し出しています

菊池 大吟醸

菊池 大吟醸
4,000円(税込)

山田錦を菊池の水で仕込んだ大吟醸です

美少年 純米吟醸

美少年 純米吟醸
2,657円(税込)

松本零士ファンにはおなじみ、劇中に登場する「美少年」のラベルを復刻

美少年 零(ぜろ)

美少年 零(ぜろ)
3,132円(税込)

菊池の米と水で仕込んだ純米吟醸、低温発酵で丁寧に醸し出しています

美少年 幻夜(げんや)

美少年 幻夜(げんや)
8,856円(税込)

芳醇な香り、透明感のある後口が、 繊細で上品な味わいに

美少年 剣門 純米吟醸酒

美少年 剣門 純米吟醸酒
1,296円(税込)

ロンドン酒チャレンジ2014 金賞受賞酒

美少年 清夜 純米酒

美少年 清夜 純米酒
2,268円(税込)

第15回 日本美酒鑑評会 準大賞 受賞

美少年のトップページを見る

過去のレポート

2017.12.28
江戸時代から受け継がれる技術

top