奈良豊澤酒造

この蔵元の商品を全部表示する

ポイントシステムご利用案内

飲食店様へ 全国の日本酒をお客様に

飲食店様もお気軽にお問い合わせ下さい。

キーワードから探す
Keyword

酒(日本酒 地酒)通販のCRAVITONで今すぐ買えるお酒を選ぶ

酒(日本酒 地酒)の種別から探す
Search Sake by Category
大吟醸酒
吟醸酒
純米大吟醸酒
純米吟醸酒
特別純米酒
純米酒
特別本醸造酒
本醸造酒
普通酒
リキュール
ビール
焼酎
発泡酒
どぶろく
その他の醸造酒
ノンアルコール飲料
酒粕
酒蔵の食品
飲み比べ・ギフトセット
ワイン(果実酒・甘味果実酒)
酒蔵オリジナル商品
酒(日本酒 地酒)の蔵元から探す
Search Sake by Breweries
黒澤酒造
善哉酒造
東飯田酒造店
勲碧酒造
岡田屋本店
深野酒造
宮崎酒造店
宏和商工 日立酒造工場
蒲酒造場
若葉
丸世酒造店
カネタ玉田酒造店
西山酒造場
喜久水酒造
岩波酒造
奈良豊澤酒造
室町酒造
林酒造
世界一統
こぶしの里
蔵元一覧を見る
酒(日本酒 地酒)の銘柄から探す
Search Sake by Brand Name
かもみどり 純米吟醸 雄町(生貯蔵)
Vintage 酔楽天(ヴィンテージ すいらくてん)〈10年古酒〉
大吟醸 秋田酒こまち 酔楽天(すいらくてん)
大吟醸 酔楽天(すいらくてん)
純米大吟醸 酔楽天(すいらくてん)
酪農王国千葉のヨーグルトリキュール
天領盃 純米ひやおろし
天領盃 蔵元のあまざけ
天領盃 新撰 本醸造
天領盃 別撰 特別本醸造
天領盃 純米
天領盃 越淡麗 大吟醸
天領盃 越淡麗 純米大吟醸
天領盃 大吟醸YK-35
天領盃 純米大吟醸 山田
奥清水 純米大吟醸 美郷雪華(みさとせっか)
君盃 純米吟醸原酒 もみじ
特別純米原酒 清泉川秋上り
清泉川ひやおろし 純米吟醸原酒
菊乃井 純米生原酒 ひやおろし
銘柄一覧を見る
酒(日本酒 地酒)蔵元の所在地から探す
Search Sake by Production Areas
北海道
東北
関東
北陸
中部
関西
中国
四国
九州
沖縄
酒(日本酒 地酒)度から探す
Search Sake by Taste
大辛口(+6.0~)
辛口(+3.5~5.9)
やや辛口(+1.5~3.4)
普通(-1.4~+1.4)
やや甘口(-1.5~3.4)
甘口(-3.5~5.9)
大甘口(-6.0~)
酒(日本酒 地酒)の価格帯から探す
Search Sake by Prices
~ \3,000
\3,001 ~ \6,000
\6,001 ~ \9,000
\9,001 ~ \12,000
\12,001 ~ \15,000
\15,001 ~

蔵人レポート Report

2016.05.14

「高品質のお酒を、多くの方に」その思いはずっと変わらずに

 ■日本酒発祥の地、奈良県奈良市の『正暦寺』
正暦寺(しょうりゃくじ)は、奈良市菩提山町(ぼだいせんちょう)にある寺院。菩提山龍華寿院と号し、奈良と天理の間の山あいに位置する。菩提山真言宗の本山(単立寺院)。本尊は薬師如来である。
「錦の里」と呼ばれ、紅葉の名所として知られる。また、境内を流れる菩提仙川の清流の清水を用いて、菩提泉という銘柄の清酒が日本で初めて醸造されたという伝承があり、「日本清酒発祥之地」の碑が建つ。山号の菩提山は、奈良の東山一帯を釈迦修行の聖地に見立て、鹿野園(ろくやおん)・誓多林(せたりん)・大慈山(だいじせん)・忍辱山(にんにくせん)・菩提山と名付けた五大山の一つである、菩提山に由来する。

昭和40年代、日本全国で普通酒が全盛の頃、 当蔵の4代目・豊澤安男は「これから世の中が豊かになるにつれ、 消費者は本当に良い酒を望むはずだ」と考えました。そして、力を入れたのが純米酒造りです。 「高品質のお酒をたくさんの方に飲んでいただきたい」という思いから、価格を抑えた純米酒「黒松貴仙寿」を 世に送り出したところ、大変多くの方に支持されました。 それは、消費者の視点から「本当に喜ばれる良質の酒」にこだわった結果なのです。
奈良豊澤酒造の酒造りへの思いは、今も変わっていません。 そのため、創業以来、ほとんど機械化せずに手造りに徹した酒造りを行ってまいりました。 今日、奈良豊澤酒造で生産する酒の8割が、純米酒以上の「特定名称酒」で占められているのも、 その証といえます。そうした手造りへの一途な思いの一方で、 酒を愛してくださる方のニーズを取り入れ、柔軟に対応してきたのも奈良豊澤酒造の酒造りです。 小さな蔵ですが、大きな誇りを持って、今後も酒造りに精進してまいります。

■現代の名工 藤沢杜氏流酒造り
平成14年、卓越した技能者を讃える「現代の名工」に杜氏藤沢忠治が選ばれ、 厚生労働大臣から表彰されました。
その藤沢杜氏が重視するのは、杜氏のカンと経験。 麹造りはもちろん、洗米やもろみの仕込みから搾りにいたるまで、 全ての工程で機械化をできるだけ避け、杜氏の経験を頼りとする手造りにこだわっています。 例えば、洗米に洗米機を使っていては、洗っているうちに吸水時間を超えてしまうと、蔵人総出の手作業で米を洗っています。また、大吟醸造りには酒米を蒸すのにも、 昔ながらの甑(こしき)を使用。酒は生き物だから対話を大切にしたいと考える藤沢杜氏流の酒造りが、 奈良豊澤酒造の身上なのです。

■麹造りへのこだわり
酒の良し悪しは、麹の出来の良し悪しに由来するといっても過言ではありません。
当蔵は創業以来、一貫して麹造りにこだわってきました。 麹とは、蒸米に麹菌が繁殖したものをいい、その後の酒母造りの土台となり、また酒の風味を左右するものです。 蒸米に付着した麹菌が、一粒一粒の中にしっかり菌糸を伸ばして白くなったものを「破精(はぜ)」といい、 菌糸の広がり具合や内部までの入り込み具合で、「総破精」や「突き破精」などと呼ばれます。 当蔵では、味わいを楽しむ純米酒には、蒸米の表面全体に破精がまわっていて糖化力の強い「総破精」に近い麹造りを行っており、 後味の綺麗さを求める大吟醸や吟醸酒には、表面は斑点状ですが、米粒の内部までしっかり菌糸が入り込んでいる「突き破精」の麹造りを行っています。 特に、大吟醸や吟醸酒の麹は、低温長期発酵に耐えられるよう、製麹時間を長くして、硬く締まった麹になるよう、藤沢杜氏ら蔵人の手によって管理されています。 奈良豊澤酒造の旨くてきれいな酒は、こうした麹造りへのこだわりから生まれているのです。

■自家製酵母による酒造り
日本酒独特の香りを決めるのは、言わずもがな酵母です。 奈良豊澤酒造では、純米酒以上の特定名称酒の一部は、蔵内から分離された酵母によって造られています。 とりわけ良い出来にあがった酒のもろみから培養した自家製酵母は、当蔵独自の香り高くすっきりとした飲み口の酒を造り出しており、銘柄でいえば、純米吟醸の「無上盃」や「貴仙寿吉兆」として皆さまにお届けしています。

奈良豊澤酒造の商品

純米吟醸 夏の無上盃(むしょうはい)

純米吟醸 夏の無上盃(むしょうはい)
2,700円(税込)

〈夏季限定!〉完売いたしました

豊祝(ほうしゅく) 梅酒

豊祝(ほうしゅく) 梅酒
1,188円(税込)

奈良県西吉野産・梅の実を使用した日本酒ベースの梅酒です

大吟醸 豊祝(ほうしゅく)

大吟醸 豊祝(ほうしゅく)
10,518円(税込)

惜しみなく手をかけた酒造り、華やかな香りと芳醇な旨みのバランスが絶妙です

純米吟醸 無上盃(むしょうはい)

純米吟醸 無上盃(むしょうはい)
3,214円(税込)

手造りの技が醸した、米の旨みが生きている香味上品な逸品

豊祝(ほうしゅく) 純米酒

豊祝(ほうしゅく) 純米酒
2,112円(税込)

米の旨みを生かした柔らかな味

他の商品を見る

top